ゆったりとしたサイズ

マタニティウェアは、妊娠中の女性が動きやすいよう、ゆったりとしたサイズに設計されることが多いのではないでしょうか。

このような特徴のあるウェアは非常に高い割合で存在しており、妊婦がマタニティウェアを日常的に着用することも実例としてはしばしば確認されているのではないかと思います。

締め付けの少ないことも特徴として挙げられることが多く、お腹の赤ちゃんに対しても負担が掛からないように配慮されているとみられています。

autumn-1850044_640

動きやすくゆったりとしたマタニティウェアは、妊娠中の人にとっては欠かせないアイテムのひとつとして認識されています。

複数のマタニティウェアを着回しながら、出産に向けた準備を行う人も多いと考えられているため、ゆったりとしたサイズ感のものはとりわけ良く評価されていると言えるのではないでしょうか。
こうしたサイズのマタニティウェアは、以前から主流に据えられてきているものの、その傾向が維持されているのではないかと思います。

妊婦にとっては欠かすことのできないアイテムのひとつとして考えられていますが、今後もゆったりとしたサイズのマタニティウェアがメインとして据えられるのではないでしょうか。

着用する機会が多くなる妊娠中の時期に、気軽に動けるようなウェアが高く評価されるのではないかと推測されています。

女性からは、このようなマタニティウェアに対しては、強い興味が寄せられていくのではないかと予測がなされています。

買って損なしマタニティウェア


私がマタニティウェアを選ぶ上で重視したのは値段でした。産後も使えるようにと考えるのであれば、最初からマタニティウェアじゃないものを選ぶ方が無難です。

マタニティウェアはやはりお腹の大きな人用のデザインで作られているので、産後に着るとやっぱりラインが何か違うと感じて結局使いませんでしたね。

逆にマタニティウェア商品ではないのですが、普通の服屋さんで売ってるジップアップパーカー、これはわりと重宝でした。

Lサイズぐらいを買っておけば、産前はファスナーを開けて羽織ることができますし、産後は普段は締めて着ておき、授乳の時にさっと開けてちょっと赤ちゃんの体を包むように使えるので良かったです。

時々、産後に使えないからとまったくマタニティウェアを買わずに旦那さんのジーンズを借りて過ごすとかそういう方もいますが、やはり臨月になるとマタニティ用の服を買うことになると思います。

いかにも妊婦服って感じで好きじゃないと思われるかもしれませんが、やはり一番楽であり、着心地がいいのは確かです。

マタニティジーンズは2本、西松屋で購入しましたが、お腹が大きくなるにつれて苦しくてやっぱりジャンパースカートタイプばかり着ました。

ちなみに産後は着ないとは言いましたが、退院する時はまだお腹は元のサイズには戻っていませんので、マタニティワンピースを着て帰りました記憶があります。

紐で調節できるタイプですので、産後体型が戻るまでは使えましたのでやはり1~2枚はワンピースかジャンパースカートタイプは買っておいてもムダにはならないと思います。

どうかしますと、2人目とかすぐに妊娠する場合もあります。

2人目の場合はお腹が大きくなるのが早いと皆さん言っていましたし、初期の段階からだぼっとした楽な服にしていましたね。

シンプルスタイルなマタニティウエアがおすすめ

妊娠中によく来ていたマタニティウエアは、基本的にとてもシンプルでモノトーン系のデザインのものでした。
やはり飽きがこなくてどんなインナーにも合わせやすいもの、さらに動きやすさなどを考慮すると、どうしても行き着く先はそういったシンプル系に落ち着いてしまうのです。

baby-666355_640

よくマタニティ雑誌などには妊娠中はなるべく明るい色を着た方が良いとか書かれていることがありますが、確かに明るい色は気分もアップしますしお母さんが気分良く過ごしているとお腹の中の赤ちゃんにも良い影響があるのだということはわかります。

でも、やっぱりマタニティウエアであまり派手なものを着ている妊婦さんというのはあんまり見かけることってないと思うのです。
やはり気持ちが落ち着くのは黒やネイビー、グレーといった落ち着きのある色合いになってしまうのはある程度仕方が無いことだと思います。

こういったマタニティウエアは、ほとんど通販で購入していました。お値段もすごくお得感があるものが多かったですし、安いのに結構品質が良くてしっかりしているものが多かったので、かなりネット通販にはお世話になりました。ネットですとデザインも豊富なので同じモノトーン系でもスタイルが違うと全然違う雰囲気に見えるので私的には、違うスタイルを何種類も揃えていました。

最近は、いかにもマタニティウエアという感じのデザインは減ってきていて、出産後も普段に着こなせるようなシンプルなスタイルも増えてきているのはすごくありがたいです。
産後になってもマタニティウエアのカットソーのシャツとかコットンのマキシスカートとかは大活躍しています。”