接骨院を賢く利用しよう

首が痛かったり、脚が痛かったり、腰が痛かった場合、私は病院ではなく、接骨院に行くようにしています。

以前、首を痛めた事があり、病院へ行ったんですが、レントゲンを撮ったり、状況を聞くだけで特に首に対する治療もなく、湿布を貼るだけで終わりました。

そこから暫くは痛くて動けませんでした。

だから、今度は接骨院に行こうと思い、また首を痛めた時に行ってみました。

首という場所が場所だけに、だんだんと吐き気を催すくらいひどい状態でした。

接骨院に行き、事情を話し、直接首に触れる治療をして頂き、その後電気を当ててじーっとしていました。

そうすると、荒れだけ酷かった痛みが嘘のように和らいだんです。

そこから何回も通っているうちにすっかり痛みも消え、元通りになりました。

その何年か後にまたお世話になったんですが、それはスマホ指になったから。

こんなのでも接骨院に行って大丈夫かな?と思っていましたが、先生曰く、「結構いる」んだそうです。

ただ患部を温める機械等は指みたいな細かいところにあてるように出来ていないので、ちょっと不便でしたが(苦笑)

まさに現代病ですね。

でも、接骨院というのはなかなかハードルが高いようで、私の周りでも行っている人は少なかったです。

けれど、腰痛や肩こりも行けば劇的に改善します。

だから、私は周りにおススメするようになり、今の職場の人は結構同じ接骨院に通っている人が多いんですよ。たから整骨院

たかが肩こりですが、キーパンチャーの仕事をしているとそれが本当に辛くて仕方ないんですが、肩こりでも行くとちゃんと施術してくれますし、翌日はとても楽。

接骨院を利用しないなんて、勿体ないなと思います。

病院は病院、接骨院は接骨院と状況を見極め、正しく処置してもらうのが一番です。

失敗しない整骨院の選び方